戊辰戦争と原発

投稿日:

こんなツイートが目についた。

asuka

中国大使館が自国民の救出にバス手配した事に対して、なんと日本人は「関西空港から自国民だけ脱出させやがって」と怒ったのですか…まぁ 台湾人の人達の事でデマが広がった様ですが、いい加減に気がつけよ。日本政府は、日本国民の事なんかどうでも良いのです! 自己責任なんだよ。

2017年の診療のまとめ。『新ヒバクシャ』に『能力減退症』が始まっている! 患者さんたちの体調の変化に気付き、首都圏住民を中心に約4000人の検査、診療を行ってきた。(1)記憶力の低下 (2)疲れやすさ (3)集中力、判断力、理解力の低下 (4)コントロールできない眠気 (5)病原菌に対する防御力の低下。

台風が関西に、地震が北海道に深刻な被害を与えた。まだお花畑の日本人は気象兵器や人工地震を知らない人が多い。もしかすると永田町でも半分ほどは知らないのかもしれない。知っている者たちは黙っている。それは操作の主体が、もし喋れば自分の政治生命を奪えるほどに力をもっているからだろう。

アホぼん三世こと安倍晋三の政権になってから、政治が国民を助けなくなった。幸せになるのは1%だけでよく、99%はそのための使い捨ての奴隷として扱われている。アホノミクスのトリクルダウンも、最初からただ1%をさらに富ませるための方便だった。富の再配分は行われなかった。今後も行われることはないだろう。要は最初からだましだったのである。

東京シロアリンピックも儲けるのは1%のシロアリたちであるが、これは99%をボランティアとして「ただボラ」させるというから露骨である。

自然災害も基本は新自由主義の自己責任になってきた。国が乗り出さないのは、99%にカネを使いたくないからだ。税金は自分たちのものだと勘違いしていて、貧乏人や被災者、社会的弱者のためには使いたくないのである。

ただ、福島第1原発の呪いは、1%も99%も分け隔てなく襲ってくる。結局、思考力を犯されて、この島は終わることになるのかもしれない。

今日のメルマガでは、その原発と明治維新以来の長州汚職閥の政治との絡みについて書く。

実は二日前にこのテーマは有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』で採り上げた。とても関心を持たれたようなので、再度、採り上げることにする。

明治維新に対して、わたしたちは間違った教育を受けている。それは勝てば官軍の官軍史観であり、とりわけ長州史観である。それを司馬遼太郎が文学的に美化した。それを犬HKがさらに虚構化して国民を洗脳した。それでわたしたちは遅れて封建的な江戸と、開明的で近代的な明治という二項対立で江戸と明治を認識してしまったのである。学校教育もまたそういうものだった。

原田伊織は『明治維新という過ち 日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト』のなかで書いていた。

テロリストの多くは、「会津」を正しく「あいづ」と読めなかったという。天下の親藩の名さえも読めず、それがどこにあるかも分からぬ者が多くいたのだ。彼らはそういう知的レベルの集団であった。つまり、正真の武家集団ではなかったのである。そういう輩(やから)が、訳も分からず「攘夷!」を叫び、自らを正義の「志士」と自称し、「天誅」と称して殺戮の限りを尽くしたのである。

これは長州の末裔アホぼん三世が、「云々」を「でんでん」と誤読し、官僚や側近の作った答弁書の類いにすべてルビを付させる現実と酷似している。この知的レベルで、しかも保守でも右翼ですらない集団が、現在、わけもわからず改憲に走り、戦争に向かっている。

森田健司は、「戦い(戊辰戦争 注 : 兵頭)が終わった後、城下には会津の人々の遺体が散乱していた。しかし新政府軍は、遺体の埋葬を強く禁じた。そのため、遺体は野犬に喰われ、烏に啄(ついば)まれ、最低限の尊厳さえ奪われた上で朽ちていった」(『明治維新という幻想ー暴虐の限りを尽くした新政府軍の実像』)と書いている。これが新政府軍が会津軍に対しておこなった戦勝者としての仕打ちだった。

このならず者を多く含んだ新政府軍の残虐行為、無差別殺人に対して、戊辰戦争中の1868年(慶応4年/明治元年)5月6日に奥羽越列藩同盟(おううえつれっぱんどうめい)が成立した。

それは、陸奥国(奥州 陸奥は現在の福島県宮城県、岩手県、青森県、秋田県の一部)、出羽国(羽州 山形県、秋田県)、蝦夷地(北海道)、越後国(越州 越前:福井県から石川県 越中:富山県 越後:新潟県)の諸藩が、新政府軍に対して立ち上がったものである。

その戦いは品格があり、それゆえに悲しいものだった。

森田健司は同著のなかで、こうも書いていた。

新政府軍は道徳的水準が極めて低く、会津戦争の際などは、会津の女性に恥辱の限りを尽くしたことが語り継がれているが、庄内軍は、この真逆だった。略奪や暴行を一切許さず、幹部は兵士を厳しい軍規で律していた。特に、非戦闘員の人命は、何より尊重するところだった。

玄蕃(酒井玄蕃 注 : 兵頭)は、この庄内軍を象徴する有徳の士だったとされる。戦闘となると、まさに「鬼」と化すが、それが終わると、わずかな休息時間を使って、彼は詩作に勤(いそ)しんだ。非常時であろうとも、文化的であることをやめなかったのである。

酒井玄蕃は敵の亡骸も手厚く葬り、墓標まで建てたといわれる。敵兵の亡骸に対して、埋葬を禁じ、野犬や烏の餌食にした新政府軍と比べるとき、その品格の違いは決定的だった。

・・・・・・・・・━━━━━━☆

メルマガの一部の紹介はここまでです。

申し訳ありません。ぜひ有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』の購読をご検討ください。

※メルマガのご案内

こんにちは!

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信している兵頭と申します。

2011年10月1日より『兵頭正俊の優しさ出前』(月額:864円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信開始しました。

月・水・金・それに、ほぼ週に1回の号外を配信しております。
実質、週に4回の配信になります。

わたしの強みは、商業ジャーナリズム、「記者クラブ」メディアから自立していることから、政権にも企業にも遠慮なく真実を語る位置を確保していることです。

わたしは若い頃に吉本隆明の『試行』に作品を発表していました。
この『試行』自体が、そのような問題意識に貫かれた同人誌でした。
位置のとり方の大切さはわかっております。

また、教師をやっていたことから、わかりやすく表現することには通じており、多くの読者の方からわかりやすいという声を聞いています。

優れた情報と、新しい状況の分析・とらえ方を提供します。
そして、「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

確かに、わたしはテレビなど晴れがましい舞台には出ておりません。

しかし、わたしの書いた文章は、グーグルの検索でもあちこちで上位に出ております。

ツイッターでは3万を超えるフォロワーに支持されており、無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』は殿堂入りを果たしております。

価格以上の価値があると自信があります。
ぜひ購読のご検討をお願い申し上げる次第です。

なお、別に無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用と、内容は同じ 携帯用 を2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信しております。

無料で、ほぼ週刊です。
(体調を崩したとき、それに正月や5月の連休、お盆には、お休みをいただきます)

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。

・・・・・・・・・━━━━━━