このページは、2017年6月22日に更新しました。

・・・・・・・・・━━━━━━☆

漱石漱石

森友・加計学園事件は、奇妙な事件ですね。これほど証人と証拠が揃いながら、安倍は辞めませんね。側近も与党も誰ひとり辞めろとはいわない。むしろ自ら腐敗しながら安倍を守っている。政権が腐っているのですが、そればかりかメディアも辞めろといわない。これの結末は警察国家の深化であり、戦争でしょうね。

このページの要旨

小池百合子の正体は、女橋本であり、橋下徹と同じ自民党のセーフティーネットである。
じり貧の自民党は補完勢力がほしい。
そこに小池百合子が「都民ファーストの会」を作ってくれた。
「都民ファーストの会」に投票するのは自民党に投票するのと同じである。
こういうときのための小池百合子なのだが、野党まで小池百合子にすり寄っている状態では、都民が覚醒するのは何年も待たねばならないのかもしれない。

森友学園事件の3つのルートで、(1)官邸ルートと(2)大阪(近畿)ルートは、ともに安倍夫妻と財務省につながっていく。
それで検察は避けたのだろう。
もっともやりやすいのが(3)の現場ルートであるが、酒井康生や藤原浩一を下手にいじくると、中央に飛び火する可能性がある。
そこで、「気の毒な安倍昭恵」と「悪質な籠池泰典」といった2項対立にもっていきやすく、かつ官邸の評価が得られる籠池泰典だけに狙いがつけられたのであろう。

「総理は「平成30年4月開学」とおしりを切っていた」
「萩生田副長官ご発言概要」は生々しい聞き書きである。
萩生田光一には、自分がどれだけ危ない橋を渡っているかの認識が、最初からなかったようだ。
安倍一強支配の驕りが、すっかり不用心、無警戒にさせ、文科省を侮ってしまったのだろう。

芥川芥川

現在の状況は日本民族の、ものごとを深く考えないネガティブな面が、露出しているのですが、それさえ誰もいいませんね。「日本スゲー」といいながら、腐敗していっている。それを指摘した者を逮捕するとなると、北朝鮮と同じ国になります。外国で戦争をはじめれば、北朝鮮以下の国になります。

・・・・・・・・・━━━━━━☆

1 小池百合子の決定は自民党案と同じ

小池百合子が20日、記者会見で豊洲に市場を移転させることを表明した。
築地は5年後をめどに再開発し、希望の業者は戻ることも可能だという。

築地の用地は売却せず、競りなど一部市場機能を残すという。
しかし、5年後にまた築地に移転する業者は、いないと踏んだ仕掛けである。

5年後の築地は、戻る場所ではなくなっているだろうし、再び戻る金も業者になくなっているだろう。

小池百合子の2度の引っ越し案は、究極のダマシであろう。
結局、小池が考えていたのは、自民党と同じ豊洲移転である。
しかし、最初からそれをいって自民党と手を取り合ったら反自民のメッキが剥げる。
そこで5年後の再引っ越し案というダマシが出てきた。

こんなツイートが目についた。

ほりぐち

今日の小池会見
・いつ移転するのかは未定だが豊洲に移転
・築地は活かす
・豊洲移転は子孫に負の遺産を残す。
だから築地ブランドを活かすべき
・でも築地に戻るかどうかは卸業者が勝手に考えろ
・税金かけないようにするが精査未了(税金投入かもね)
ひどすぎて言葉が無いわ。

KK

【解除できるのか 豊洲時限爆弾】(86)

「両市場併用」に特区活用案浮上
安倍官邸と小池知事の姑息な移転問題解決プラン
支持率と特区制度のイメージ回復が狙い!?
何だかウマイ話のようだが、問題は政治家の思惑先行で、市場や働く業者や消費者の目線に乏しいことだ。(日刊ゲンダイ)

小池百合子の正体は、女橋本であり、橋下徹と同じ自民党のセーフティーネットである。
じり貧の自民党はとっくに単独での政権は諦めており、政権維持のためなら悪魔とも手を結ぶ。
そのため補完勢力がほしい。
そこに小池百合子が「都民ファーストの会」を作ってくれたというわけだ。

都民がいつ気付くか。
都民は石原都政を長期にわたって受け入れたほどだから、小池百合子のだましを見破るのは相当にむつかしいだろう。

都議選を前に、東京が「全国ワースト支持率」で、29・5%に下降した。
その分、小池の「都民ファーストの会」にゆくのかもしれない。

「都民ファーストの会」に投票するのは自民党に投票するのと同じである。
こういうときのための小池百合子なのだが、野党まで小池百合子にすり寄っている状態では、都民が覚醒するのは何年も待たねばならないのかもしれない。

2 森友学園事件の幕引き

さて、国会閉幕と同時に、森友学園事件にも幕引きが謀られた。

これまで書いてきたように、森友学園事件には、3つのルートがある。

(1) 官邸ルート

安倍晋三安倍昭恵 ― 今井尚哉(首相秘書官) ― 谷査恵子(夫人付き) ― 逃げるは恥だが役に立つの迫田英典(売却交渉をしていた時期の財務省理財局長) ― 出世のために一貫して霞ヶ関文学で野党をけむに巻いた佐川宣寿(現理財局長)(嶋田賢和・大石吉彦) ― 田村嘉啓(理財局審理室長) ― 佐藤義信(国交省航空局長) ― 稲田朋美

(2) 大阪(近畿)ルート

松井一郎 ― 池田統括官 ― 武内良樹(近畿財務局長(土地取引)) ― 清水管理官(近畿財務局) ― 吉本馨私学課課長 ― 稲田龍二(稲田朋美の夫で弁護士) ― 松本設計事務所 ― 籠池泰典

(3) 現場ルート

ある意味でもっとも悪質な酒井康生(北浜法律事務所。
森友元弁護士) ― 渡辺慎吾(摂津市議) ― 森友学園 ― 阿部貴久(元府議。
自民党) ― 藤原浩一(藤原工業代表取締役) ― 秋山肇(あきやまはじめ。
3月6日暗殺。警察・消防・医者は自殺、家族は心筋梗塞と主張が異なるのも奇妙である。遺体に喉をかきむしったあとがあり、ここから立花孝志(「NHKから国民を守る党」代表)の毒殺説が出てきた)

この3つのルートで、(1)官邸ルートと(2)大阪(近畿)ルートは、ともに安倍夫妻と財務省につながっていく。
それで検察は避けたのだろう。

もっともやりやすいのが(3)の現場ルートであるが、酒井康生や藤原浩一を下手にいじくると、中央に飛び火する可能性がある。

そこで、「気の毒な安倍昭恵」と「悪質な籠池泰典」といった2項対立にもっていきやすく、かつ官邸の評価が得られる籠池泰典だけに狙いがつけられたのであろう。

結局、籠池泰典は、安倍晋三にトカゲのしっぽ切りに遭い、最終的に検察によって法的に始末をつけられることになった。
けっしてやったことがいいとはいえないが、不憫さがつきまとう。

ただ、森友学園事件の(1)官邸ルートは、名前を加計学園事件に変えてまだ生きている。

加計学園事件は、憲法53条の規定「衆院か参院のいずれかで議員の4分の1以上の要求があれば、内閣は臨時国会を召集しなければならない」に基づいて、野党4党は追及を継続・強化しなければならないだろう。

3 「10/21萩生田副長官ご発言概要」

19日夜に放映されたNHKの「クローズアップ現代」が暴露した、文科省3部署約10人が共有していた「10/21萩生田副長官ご発言概要」が話題を呼んでいる。

NHK クローズアップ現代+「波紋広がる“特区選定”~独占入手 加計学園“新文書”~」

これは、萩生田光一官房副長官(学校法人加計学園系列の千葉科学大の名誉客員教授)が、文科省の局長に対して発言した文書(10月21日付け)である。

10/21萩生田副長官ご発言概要

○(11月にも国家戦略特区諮問会議で獣医学部新設を含む規制改革事項の決定がなされる可能性をお伝えし、)そう聞いている。

○内閣府や和泉総理補佐官と話した。
(和泉補佐官が)農水省とも話し、以下3点で、畜産やペットの獣医師養成とは差別化できると判断した。

(1)ライフサイエンスの観点で、ハイレベルな伝染病実験ができる研究施設を備えること。
また、国際機関(国際獣疫事務局(OIE)?)が四国に設置することを評価している、と聞いたので、その評価していることを示すものを出してもらおうと思っている。

(2)既存大学を上回る教授数(72名)とカリキュラムの中身を増やすこと。
また、愛媛大学の応用生物化学と連携するとのこと。

(3)四国は水産業が盛んであるので、魚病に特化した研究を行うとのこと。

○一方で、愛媛県は、ハイレベルな獣医師を養成されてもうれしくない、既存の獣医師も育成してほしい、と言っているので、2層構造にする。

○和泉補佐官からは、農水省は了解しているのに、文科省だけが怖(お)じ気(け)づいている、何が問題なのか整理してよく話を聞いてほしい、と言われた。
官邸は絶対やると言っている。

○総理は「平成30年4月開学」とおしりを切っていた。
工期は24か月でやる。
今年11月には方針を決めたいとのことだった。

○そうなると平成29年3月に設置申請をする必要がある。
「ハイレベルな教授陣」とはどういう人がいるのか、普通の獣医師しか育成できませんでした、となると問題。
特区でやるべきと納得されるような光るものでないと。
できなかったではすまない。
ただ、そこは自信ありそうだった。

○何が問題なのか、書き出して欲しい。
その上で、渡邊加計学園事務局長を浅野課長のところにいかせる。

○農水省が獣医師会押さえないとね。(10/21萩生田副長官ご発言概要

「和泉補佐官からは、農水省は了解しているのに、文科省だけが怖じ気づいている」「官邸は絶対やると言っている」

「総理は「平成30年4月開学」とおしりを切っていた。工期は24か月でやる。今年11月には方針を決めたいとのことだった」

それにしても生々しい聞き書きである。
萩生田光一には、自分がどれだけ危ない橋を渡っているかの認識が、最初からなかったようだ。

安倍一強支配の驕りが、すっかり不用心、無警戒にさせ、文科省を侮ってしまったのだろう。安倍晋三は明確に関与するばかりか、中心で指示し、開学日まで決めていた。「腹心の友」への明確な利益誘導であり、京産大は最初から排除されていたのだ。こんなあからさまな差別行政が許されていい筈がない。

・・・・・・・・・━━━━━━☆

(メルマガの公開はここまでです。申し訳ありません)

※メルマガのご案内

こんにちは!

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信している兵頭と申します。

2011年10月1日より『兵頭正俊の優しさ出前』(月額:864円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信開始しました。

月・水・金・それに、ほぼ週に1回の号外を配信しております。
実質、週に4回の配信になります。

わたしの強みは、商業ジャーナリズム、「記者クラブ」メディアから自立していることから、政権にも企業にも遠慮なく真実を語る位置を確保していることです。

わたしは若い頃に吉本隆明の『試行』に作品を発表していました。
この『試行』自体が、そのような問題意識に貫かれた同人誌でした。
位置のとり方の大切さはわかっております。

与謝野晶子与謝野晶子

そうです。
何を書くか、よりも、誰が書くか、ですね。
どんな位置にいる、誰が書くか、が大切なのです。
それは、ほんとうのことを言えるかどうかの違いになってきます。
この位置は、競合する表現者には同じステージで真似できない強みになるのですね。
「こんにちは! 有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信している兵頭と申します」って、それだけ? あいかわらずぶっきらぼうですね。
若い人たちは、あなたのことを何も知らないのだから、もっときちんと自己紹介しなくちゃ。
せっかく「プロフィール」を書いているのだから、リンクを張っておきますね。

また、教師をやっていたことから、わかりやすく表現することには通じており、多くの読者の方からわかりやすいという声を聞いています。

太宰太宰

わかりやすいというのは、論理的ということね。
その論理も、説得する論理ではなく、納得させる論理でなければいけないのだろう。
それでどうしてもある程度の長さが必要になる。
ぼくが長編を書いたのも、そのためさ。

優れた情報と、新しい状況の分析・とらえ方を提供します。
そして、「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

確かに、わたしはテレビなど晴れがましい舞台には出ておりません。

しかし、わたしの書いた文章は、グーグルの検索でもあちこちで上位に出ております。

ツイッターでは3万を超えるフォロワーに支持されており、無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』は殿堂入りを果たしております。

価格以上の価値があると自信があります。
ぜひ購読のご検討をお願い申し上げる次第です。

なお、別に無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用と、内容は同じ 携帯用 を2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信しております。

無料で、ほぼ週刊です。
(体調を崩したとき、それに正月や5月の連休、お盆には、お休みをいただきます)

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。

なお、メルマガはテキストファイルであり、このブログ掲載の画像などはありません。

また、このブログ掲載の文章は、メルマガの一部であり、ブログ用に編集してあります。
© GIHYO