郷原信郎がこんなツイートをしていた。

【至急大拡散】今日の大阪府の森友学園への立入調査、松井知事が、「今日の立入調査の結果によって大阪府警に告発する」と発言。行政調査を「犯罪捜査」のために行うと明言するもので違法。拒否に対して罰則の制裁がある行政調査には「犯罪捜査のためのものと解してはならない」との制約がある。

ヤンキー松井といい、安倍晋三といい、法律も満足に知らない者たちがこの国では行政のトップに立っている。だから、一度、権力を持たせると暴君になってしまい、民を苦しめるのだ。

多くの国民が見ることになった証人喚問で、白日の下にさらされたもの。実は森友学園事件の真相の他にもうひとつあった。

それは自民・公明・維新といった与党議員の、主権者たる国民から選挙で選ばれた政治家とはとても思われない横暴な権力者の姿であった。

証人喚問は警察の取り調べの場ではなかった。しかし、与党議員たちは居丈高に偽証罪を何度も口にしては恫喝した。そして最初から最後まで、犬HKが中継していることから、しっぽ籠池が真っ黒であるという印象操作を図ったのである。

多くの国民が、そこに政治の劣化を見たことは間違いない。

劣化した政治がうまくいく筈がない。しっぽ籠池の証人喚問、しっぽ谷への責任転嫁、しっぽ辻元へのでっち上げと、自民党のすることはことごとく裏目に出ている。

辻元清美の件は、籠池諄子が安倍昭恵に宛てたメールに、辻元が塚本幼稚園を視察したとき、「幼稚園に侵入しかけ 私達を怒らせようとした」などと書かれていたことに端を発している。

辻元は「塚本幼稚園に入っておりませんし、入ろうとした事実もございません」と否定していた。この件は菅野完と籠池諄子との電話で、辻元のいうとおりであったことが証言された。

noiehoieさんのライブ

また、森友学園のゴミの埋め戻しを告白した作業員について、民進党辻元清美が送り込んだ工作員とのデマが飛び交った。これに軽率な安倍晋三が喜んで飛びついた。

28日の参院決算委員会では、民進党に対して「御党の辻元議員にも同じことが起きている」「辻元氏は真っ向から否定しているが、これも証明しなければいけないことになる」と語った。

しかし、この問題も、当のその人物が、産経の記者に直接会って、辻元とは面識がないことを断言した。

「【森友学園問題】「まったく面識もない」~辻元清美議員に関する“疑惑”報道で「工作員」とされた作業員が証言

ほんとうにこのレベルの低い与党にわたしたちはこの国の政治を、わたしたちの生活と健康と命を託していいのか。このまま与党に政権を託していたら、わたしたちと子どもたちの未来がどうなるかを、さらに深くわたしたちは考えねばならない。

自民党は戦争を美化し、宗主国軍産の指示で、戦争で経済を回す国へこの国を堕落させつつある。以下のファシズムの初期症候などは、すでに日本において実現されている。

安倍政権のこの狂気を、少なくともひとりの覚醒剤におぼれている議員が後押ししていた。

大阪選出の自民党衆議院議員が覚醒剤の常習者で、逮捕間近といわれている。

この自民党の議員は、竹中平蔵が会長を務める人材派遣会社「パソナ」迎賓館の「仁風林」(慰安婦所?)に出入りしていた。

もし「覚醒剤」で国会議員が逮捕となれば、森友学園事件は吹っ飛ぶ。だからこれをスピンとして自民党は利用したいのだろう。

もともとこの自民党議員は、覚醒剤なしには二日ともたないといわれるほど、その筋では有名だった人物である。これをリークした側には、この衝撃的な情報を出すことで、安倍夫婦と政権、それに自民党を守ろうとしたのだと思われる。

深刻なのは、森友学園事件という権力の腐敗を隠すために、自らの覚醒剤議員といった、もうひとつの腐敗を出さざるを得ない末期症状である。

ヤンキー松井にとっても、これはカミカゼになる。

何という国に日本は落ちぶれてしまったのだろう。

『日刊ゲンダイ』が「安倍首相を解散に走らせる 自民議員「薬物逮捕」の衝撃情報」(2017年3月29日)を書いている。

そのなかで、4月解散のメリットとして次の5点を挙げている。

1 森友騒動の収束を図る。

2 内閣支持率がまだ50%台をキープしており、野党第1党の民進党内は旧維新グループが分裂して、4月解散に対応できない。

3 5月末までに第三者機関が勧告する、衆院の100前後の区割り変更が出る前の解散は、現職を説得する材料になる。

4 7月の都議選で小池新党が圧勝すれば、小池新党の国政進出の可能性が出てくる。その前に4月解散をやって小池新党の芽を摘む。

5 自民党の覚醒剤使用衆院議員の、不逮捕特権の切れる通常国会の会期末(6月18日)を迎える前に先手を打って解散する。「安倍首相を解散に走らせる 自民議員「薬物逮捕」の衝撃情報」

どれをとっても、バカげた、みすぼらしい、国民には何の関係もない解散理由である。すべて身から出たさびがモチーフになっており、自民党の党利や個利から出たものだ。国民にとってこんな迷惑な解散はない。

さらに『東スポ』(3月31日)が野党議員にも薬物疑惑があると報道した。

上西小百合は、これにつて次のようにツイートしている。

この薬物「疑惑」維新所属の現職議員です。

この自民党議員の事は誰でも知っていた。維新は小躍りして喜んだと思う。ところが自分達の党内でも起きていた事は知らなかった。

足立議員ではないけれど、維新の議員が薬物に絡んだ事は認める。ある意味凄いですね。

ハッキリいいます。昨日新聞に掲載された薬物「疑惑」議員はY議員でもA議員でもなく維新所属のI議員です。

薬物「疑惑」の維新所属議員ですが、彼は森友学園問題の維新ルートに関係しています。

最後のツイートは重要なツイートである。とうとう野党の覚醒剤議員が、森友学園事件に関係してきた。

・・・・・・・・・━━━━━━☆

(メルマガの公開はここまでです。申し訳ありません)

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信しております。

2011年10月1日より「兵頭正俊の優しさ出前」(月額:864円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信開始しました。

月・水・金・それに、ほぼ週に1回の号外を配信しております。実質、週に4回の配信になります。

優れた情報と、新しい状況の分析・とらえ方を提供します。そして、「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

価格以上の価値があると自信があります。ぜひ購読のご検討をお願い申し上げる次第です。

なお、別に無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用と、内容は同じ 携帯用 を2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信しております。

PC用と携帯用をあわせて3000を越える読者に支持されてきましたが、2016年11月6日にPC用だけで3000を超えました。

無料で、ほぼ週刊です。

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。

なお、メルマガはテキストファイルであり、このブログ掲載の画像などはありません。

また、このブログ掲載の文章は、メルマガの一部であり、ブログ用に編集してあります。