乗っ取られた自民党と日本

(はじめにご連絡

以前にもお伝えしましたように、無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』は、12日、19日とお休みします。

次の号は26日(日)の夜に配信予定です。

お楽しみにお待ちください)

1999年の下関市長選挙で、アホぼん三世こと安倍晋三は、現職市長の江島潔(現・参院議員)を支援していた。安倍事務所は、野党系の候補者・古賀敬章の猛追を受け、焦っていた。そこで古賀の中傷ビラを撒くなどの選挙妨害を画策し、暴力団の工藤会に依頼した。

この事件は有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』でも採り上げた。そのとき、物書きの山岡俊介が、今年2月に出所した実行犯と接触して、アホぼん三世が選挙妨害に関与していた“決定的物証”を手に入れた、と書いた。山本太郎も国会で問題にしたことで、ネット上でも話題になった。いまでもことあるごとに採り上げられ続けている。

ところが、この問題を長年にわたって根気よく追及し続けている物書きの山岡俊介が、7日に不可解な「事故」に出遭った。

寺澤有

【第1報】7日21時ごろ、山岡俊介さん @yama03024 が新宿のスタジオアルタの地下階段を降りようとしたところ、体が飛ぶようにして転落。救急車で病院へ運ばれ、右肩骨折、頭部7針を縫う重傷。「誰かに押された記憶はないが、どうしてあんなところで飛ぶのか」と話している。某事件との関係は不明。

ふつう階段で転倒しても数段落ちて止まるじゃないですか。ところが、山岡さんは上半身が飛んでいくような姿勢で転落し、20段近く落ちて踊り場で止まったそう。頭と肩に重傷を負ったのは、そういう落ち方だったからだとみられます。

頭から血を流して倒れていたので、通行人が4~5人寄ってきて、救急車を呼んでくれたとのこと。「新宿みたいな腐った街でも、まだ人情があったよ」と山岡さん @yama03024 は軽口を叩いていました。

沙羅双樹の花

(現場を目撃された方は、ご連絡を!)RT @Yu_TERASAWA: 【第1報】7日21時ごろ、山岡俊介さん @yama03024 が新宿のスタジオアルタの地下階段を降りようとしたところ、体が飛ぶようにして転落。救急車で病院へ運ばれ、右肩骨折、頭部7針を縫う重傷。

元公安関係者のミカイールさんが「襲撃犯の検挙」と仰っているので、私の想像した通りなのかな? 階段とかプラットフォームとか、背後からワンプッシュもあり得ます。新宿界隈は目撃者があっても名乗り出る人は少ないだろうし、痴漢えん罪事件でも新宿署は目撃者や加害者を隠し裁判所も認めるから怖い。

事実は小説よりも奇なり、というが、それを地で行ったような事件。山岡俊介には1日も早い快復を祈りたい。

翁長雄志にも毒殺(薬を盛られた)という話が絶えない。こういう切り口は、のほほんとしてお人好しの日本人にはとても苦手で、陰謀論で済まされてしまうのだが、これまで陰謀論で済まされてきた話が、どんどん現実化している。

著名投資家でヘッジファンドのキニコス・アソシエーツを率いるジム・チャノスが、アホぼん三世は、日本を再武装し、アジアで最も危険な人物だ」と語った。こういう話題も、去年までなら金正恩、あるいは習近平と相場が決まっていた。それが世界は明確にアホぼん三世がもっとも危険だと認識しはじめた。

日本は、自民党は、変わったのである。自民党の石破茂が、「(2012年の党総裁選は)安倍さんや私の5人が出て、(08年の)麻生さんが総裁になった時も5人出た。いち抜けたというか、「私は出ません。安倍さんを支持します」という大合唱で、6年前と何か自民党は変質したのかもしれない。かつて5人出て、議論を戦わせた自民党はどこにいっちゃったんだろうねという気が正直言ってする」と語っていた。

昔の自民党はもうない。反日カルトの統一協会とイルミナティに完全に乗っ取られた。アホぼん三世を総裁に選んだということは、そういうことだったのである。おそらくその意味を、大半の自民党員は知らなかったのだ。いまもわかっていないにちがいない。

「何世代にもわたって、永遠にお前たちを議員にしてやる。世界一の歳費で贅沢三昧させてやる。選挙も外交もおれたちがしてやる。だから俺たちのいうとおりに動け」。明治維新の天皇家乗っ取りではじまった長州クーデターは、太平洋戦争の敗戦によってさらに強化され、アホぼん三世によってそのむき出しの日本乗っ取りの動機を顕してきた。

このマイノリティの乗っ取りの特異なところは、乗っ取って日本を幸せにするのではない。日本への破壊と復讐に満ちていることだ。

それはやはりマイノリティの小泉純一郎からはじまり、ともに米国エージェントの竹中平蔵と連携しながら、アホぼん三世へと受け継がれた。3人とも日本人を愚弄することにかけては、まったく遠慮がなく、堂々と国富を米国に献上し続けている。

日本は貧しくなるばかりだ。

・・・・・・・・・━━━━━━☆

メルマガの一部の紹介はここまでです。

申し訳ありません。ぜひ有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』の購読をご検討ください。

※メルマガのご案内

こんにちは!

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信している兵頭と申します。

2011年10月1日より『兵頭正俊の優しさ出前』(月額:864円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信開始しました。

月・水・金・それに、ほぼ週に1回の号外を配信しております。
実質、週に4回の配信になります。

わたしの強みは、商業ジャーナリズム、「記者クラブ」メディアから自立していることから、政権にも企業にも遠慮なく真実を語る位置を確保していることです。

わたしは若い頃に吉本隆明の『試行』に作品を発表していました。
この『試行』自体が、そのような問題意識に貫かれた同人誌でした。
位置のとり方の大切さはわかっております。

また、教師をやっていたことから、わかりやすく表現することには通じており、多くの読者の方からわかりやすいという声を聞いています。

優れた情報と、新しい状況の分析・とらえ方を提供します。
そして、「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

確かに、わたしはテレビなど晴れがましい舞台には出ておりません。

しかし、わたしの書いた文章は、グーグルの検索でもあちこちで上位に出ております。

ツイッターでは3万を超えるフォロワーに支持されており、無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』は殿堂入りを果たしております。

価格以上の価値があると自信があります。
ぜひ購読のご検討をお願い申し上げる次第です。

なお、別に無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用と、内容は同じ 携帯用 を2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信しております。

無料で、ほぼ週刊です。
(体調を崩したとき、それに正月や5月の連休、お盆には、お休みをいただきます)

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。

・・・・・・・・・━━━━━━☆