格差と未来への展望

どんどん年の瀬の雰囲気が強まってくる。

それとともにネットにも苦悩の雰囲気が色濃く漂ってきた。

今年(2017年)の出生数が94万1000人で、死亡者数が134万4000人、人口減少数は40万3000人だとわかった。

こういうトレンドは発表される前からわかっているのである。
しかし、政権が無能で、手を打たない。
増税ばかりやって、国民を生活苦に追い込む。
国民は子供を作る環境にはいないし、その気持ちにもなれないのだ。

国力は人口に正確に反映するので、日本は年ごとに凋落していく。

具体的にいうと、現在の頭が空っぽの政治家たちは少子化に歯止めを掛けずに、年金支給時期を遅らせる方に傾いている。

国民はまだ気付いていないが、「学び直し」とか称して、定年退職した高齢者への5000億投入も、老後も働かせて、年金を支給しないようにする、国家的な詐欺の仕掛けにすぎない。

さらに現在の猛烈な放射能汚染で死去する国民もいるから、人口減少は加速度的に進行する。

建設的な政策はいっさいやれない。
出生率が2.08だと人口が横ばいで推移する。
しかし、現在は1.41で人口減少は続いている。

しかも安倍の悪政にこの国に見切りをつけて外国に移住する若者たちがいる。
この数は今後増えていくだろう。
この少子化という現状を追認したうえで、国民に犠牲を強いるわけだ。

年金の70歳支給は、もう年金をやらないというのに限りなく近い。
詐欺である。
どうしても現役世代で支えきれないというのなら、国会議員の人数を大幅に減らすべきだ。
国会議員だけ少子化のなかで現在の数を支えろというのは勝手すぎる。

日本の劣化した政治では、移民で対処するしか仕方がないかもしれない。
外国からの移住者を迎え入れ、帰化してもらい、日本の人口を増やしていく。
そして年金を支えていく。

頭の軽い武田鉄矢が、安倍のオトモダチの松本人志にヨイショして、「飯ぐらい誰と食ってもいいじゃないですか」「みんなやたら反権力とか政治を批判したり首相に向かってバカといったりなんかするとちょっとカッコ良がるという風潮ありますよね」「反権力とか政治を批判するとかっこいいという風潮がある。
政治批判を職業としてる人は、相手が殴り返してこない事を見ててかかってこいと。
それはずるい」と語って、ネットの猛反発を食らっている。

武田の考える権力とはその程度のものだ。
飯を誰と食おうと勝手である。
ただ、武田の軽い頭では考えられないだろうが、安倍なりに何かの打算がなければ人と会うことすらしない。
得るものがあれば失うものもあるのだ。

岩上安身が「これだよ。本格的に利権参入。→RT @noosa_noosa: 吉本興業は安倍晋三から、大坂万博のサポートに指名され、トップにはダウンタウン松本人志が立った」と引用ツイートしていて、なるほどと合点がいった。

松本も安倍と焼き肉を食うはずだ。
結局はここにも国家・国政の私物化、縁故主義が顔を出していたわけだ。

この1年、凄まじく進行したこの国の腐敗と破壊。
胡蝶蘭がこんなツイートをしていた。

トップの政治手法、世界観は、時間とともに国を染め上げていく。
なぜなら権力の近くにいる者たちが、同じ手法、世界観で生き始めるからだ。
したがって、政治が腐ると、日本中が腐る。

今年は、国家・国政が私物化され、縁故主義が席巻した年であった。

貧富の差は拡大し、格差がより深刻になった。

・・・・・・・・・━━━━━━☆

※メルマガのご案内

こんにちは!

有料メルマガ『兵頭正俊の優しさ出前』を配信している兵頭と申します。

2011年10月1日より『兵頭正俊の優しさ出前』(月額:864円(税込)/配信サイト:まぐまぐ)を配信開始しました。

月・水・金・それに、ほぼ週に1回の号外を配信しております。
実質、週に4回の配信になります。

わたしの強みは、商業ジャーナリズム、「記者クラブ」メディアから自立していることから、政権にも企業にも遠慮なく真実を語る位置を確保していることです。

わたしは若い頃に吉本隆明の『試行』に作品を発表していました。
この『試行』自体が、そのような問題意識に貫かれた同人誌でした。
位置のとり方の大切さはわかっております。

また、教師をやっていたことから、わかりやすく表現することには通じており、多くの読者の方からわかりやすいという声を聞いています。

優れた情報と、新しい状況の分析・とらえ方を提供します。
そして、「記者クラブ」メディアの情報操作と国民洗脳を対象化し、あなたを現在とは違うステージに招待します。

確かに、わたしはテレビなど晴れがましい舞台には出ておりません。

しかし、わたしの書いた文章は、グーグルの検索でもあちこちで上位に出ております。

ツイッターでは3万を超えるフォロワーに支持されており、無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』は殿堂入りを果たしております。

価格以上の価値があると自信があります。
ぜひ購読のご検討をお願い申し上げる次第です。

なお、別に無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』PC用と、内容は同じ 携帯用 を2011年8月29日より、「まぐまぐ」から配信しております。

無料で、ほぼ週刊です。
(体調を崩したとき、それに正月や5月の連休、お盆には、お休みをいただきます)

携帯の送受信の制限を考慮して、分割して送信するように改善しました。

ご登録をよろしくお願いします。

なお、メルマガはテキストファイルであり、このブログ掲載の画像などはありません。

また、このブログ掲載の文章は、メルマガの一部であり、ブログ用に編集してあります。
© GIHYO