1 日本の『Black Box』 伊藤詩織の『Black Box』(文藝春秋)について、今日は書いてみる。 1冊の本との出会い。そこには様々な物語があるものだ。 わたしの場合、戦後最低最悪の総理・安倍晋三をメルマガやブロ・・・