トランプ政権によるシリア攻撃を受けて、7日の東京外国為替市場では、投資家の円買いが進んだ。 これはある意味ではムリもないが、きわめて刹那的表層的な市場心理である。むしろ円を売らなければならない。 米国による北朝鮮への先制・・・