プーチン叩きの「パナマ文書」

日本の国会は、もはや民主主義を装っているだけタチが悪いといわねばならない。この国には、人権の尊重も権力分立も法の支配も国民主権もない。ただ、政府は、これらの民主主義をすべて捨て去り、宗主国の命ずるままに動いている。 本来…


タックスヘイブンと消費税増税

民進党山尾志桜里(しおり)が自民党に狙われている。自民党が山尾のガソリン代が「地球5周分」もあるとして、いちゃもんをつけてきた。ところが、これは実は選挙の年だけだったらしい。何台かの車で、選挙の年を走り回ると、このくらい…


民進党とドラマの萎縮

民進党(旧民主党)のお子ちゃま政治が続いている。岡田克也の言動は、口を開くたびに自公との近さが露出する。岡田は語っている。 「安倍首相は(2014年に)「リーマン・ショックのようなことがない限り、必ず(17年4月に)消費…


羊を見ると思い出すもの

民進党(旧民主党)が政権交代の邪魔をしている。前回はまだ政権を獲ってから自爆による政権返上に走った。今回は政権を獲る前から、野田・岡田らの政権交代阻止が始まっている。 お子ちゃまたちに対しては、米国・官僚・自公・連合あた…


選挙を巡る状況

状況は酸鼻を極めてきた。 安倍晋三がダブル選挙勝利のために、消費税増税10%を先送りする。政策の大幅な変更である。しかもみずからアホノミクスの失敗を認める先送りになる。それでノーベル賞受賞者を使った。つまり権威のある他者…