「2015年12月」の記事一覧

ヒトラーが問いかけるもの(2)

状況

(今年最後のブログ更新になった。この1年、けっして心安まるものではなかったと思われるこのブログを見ていただいて、感謝申し上げる。 次回は1月2日を予定している。 『Foreign Affairs Report』の新年号に・・・

ヒトラーが問いかけるもの(1)

状況

日本の今年を振り返ると、戦争が法的にも具体化した年だった。 来年度の日本の防衛費は、5兆500億円である。これは史上最高記録だ。2012年の安倍晋三登場以来、4年連続の軍事費増加になる。 名目は物語としての中国脅威論だ。・・・

考えない民族の未来

状況

日本人は、もともと考えるという習慣の希薄な民族である。わたしが現役の教師であった頃も、職員会で激しい議論になったときに、よく「もっと考えろよ」という大きな声を何度も耳にしたものだ。 教師という職業は、その職業柄、考える人・・・

ヒラリー・クリントンのミッション

国際紛争

2015年12月17日、国連安全保障理事会は、財務相会合を開いた。そしてISISの資金源を断ち、原油や文化財の密売などの資金遮断決議案を採択した。驚いたことは、ISIS支援の一番の黒幕であり、責任のある米国が、ロシアとと・・・

反グローバリズムのポピュリズム

国際紛争

米国でポピュリストが暴れている。大統領候補のドナルド・トランプである。 かれは確かに、その場で大衆に人気を博しそうなテーマに集中してしゃべる。それが今のところ成功している。 「すべてのイスラム教徒のアメリカ入国を拒否すべ・・・

責任からの遁走

状況

(今年も暮れました。 今日12月20日号を、無料メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』の、今年の最終配信とします。次号の配信は1月10日(日曜)を予定しています。 来年は、『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの・・・

ついに遷都を招いた安倍自民党の罪過

状況

安倍晋三の反日の壊国がとまらない。 12月3日に、安倍晋三は、中国で緑化事業を行う民間団体「日中緑化交流基金」に約100億円拠出を決めた。 滑稽なのは、金持ちの「爆買い」のお陰で何とか商売をやっている貧乏人が、その「爆買・・・

フィナーレの状況

状況

『エコノミスト』「2016 世界はこうなる」の表紙イラストが話題を呼んでいる。 『TOCANA』が「【的中連発】エコノミスト2016の表紙に隠された予言! 日本と世界はこうなる!!」と題して、エコノミスト表紙の謎を指摘し・・・

テロを増産する対テロ戦争

国際紛争

日本で、テロだの対テロ戦争などといい始めたのは、小泉純一郎首相以来である。その頃は、国会審議でも、しゃべる小泉自身が浮いた感じだった。慣れない、宗主国譲りのお仕着せを着て、周りも鼻白んでいた。 しかし、今では小学生でもテ・・・

黙示録としての原発

原発・原爆・核兵器

今日のメルマガでは、日本の状況を、原発中心に考え、また状況と斬り結ぶことの意味について考えてみる。 STAP細胞にも触れようとしたが、笹井芳樹・小保方晴子が正当に評価されるのには、もう少し時間がかかるようだ。書くのは、も・・・

ページの先頭へ