「2015年10月」の記事一覧(2 / 2ページ目)

弱者への優しさは敗戦後の民族的義務

国際紛争

国会前デモで、戦争法反対の演説をした石田純一に、案の定、電通・テレビ局から圧力がかかっている。石田の説明によると、 「テレビ番組を3つキャンセルされました。35年の芸能生活で、こんなのは初めてです。CMもひとつなくなった・・・

シリア難民は誰が作ったのか

国際紛争

この世界を支配しているのは銀行(国際金融資本)である。この支配下にグローバル大企業がおかれている。 敗戦国日本の場合は複雑である。戦勝国のジャパン・ハンドラーズや米国シンクタンク、日米合同委員会などの、日本統治システムが・・・

愚か者の破壊を乗り越えて

状況

TPPが「原則としての合意」。実は戦争法「成立」よりも茫然としている。 これからやってくる医療費の高騰。ネット監視の強化。英語の母語化と日本語(日本文化)の衰退。農業の壊滅(食糧をカードにされて外交交渉は敗北続きになる)・・・

破壊される日本

状況

29日、インドネシア政府は、ジャワ島の高速鉄道計画に、競合していた日本案ではなく、中国案を採用することに決めた。また、米西部のロサンゼルスとラスベガス間を結ぶ高速鉄道の建設でも中国の高速鉄道が選ばれた。4年間にわたる宗主・・・

ページの先頭へ