名護市長選は、稲嶺進候補の圧勝に終わった。最終局面で政府による様々な策動があり、金もばらまかれたので、それを覆しての勝利は立派だった。 中央政府の誤りを、地方選挙から正していく。あと2年半は衆参選挙がないので、この方法し・・・