以下に紹介するのは、IPPNWドイツ支部 Angelika Claußen 博士が、福島で被災者を訪問した報告である。 いつものように和訳してくれたのは、 Emi Kiyomizu である。 この報告のなかで、 Ange・・・