小泉純一郎の周りが騒がしい。 小泉の話は、例によって小気味よく面白い。しかし、もういいのではないか、だまされるのは。 小泉的な動きとどう付き合うか。これは、古今東西、運動のなかの古典的な問題なのである。 つまり、力はある・・・