世界核保有国の福島包囲網

除染とは何か。実はわかっているようで、理解しづらい、これはこの日本の末期症状を象徴する政策なのである。

実は除染を追究すると福島が見える。福島が見えると日本が見える。つまり除染の追究は日本の追究につながり、日本政治の追究につながる。

続きを読む

状況のなかの鳩山由紀夫と尖閣諸島

鳩山由紀夫の発言が物議をかもしている。尖閣の領有権について中国で発言したものだが、現在の日本の状況について様々なものをあぶりだしている。

それは以下の5点である。

続きを読む

日米同時進行で進む開戦準備

『マスコミに載らない海外記事』に掲載された、Paul Craig Robertsの3つの論文を読んだ。

1 「政府の狙いは一体何なのだろう?」
http://bit.ly/110R2Go

2 「アメリカ政府は正気ではない」
http://bit.ly/110R9BM

3 「アメリカ政府の聖人ぶった仮面が剥がれた後の新たな始まり」
http://bit.ly/110Rg01

である。

どれも面白くて、かつ現在の日米両国を知るのに非常に参考になった。

続きを読む

「いつやるか? 今でしょ! 」の幻想

6月25日(2013年)、茂木経済産業大臣は、東電原発事故の賠償に6,600億円の資金援助を認定した。

これまでの見込みよりも賠償の総額が増えたための追加の資金援助である。これで東京電力に注いだ税金の総額は、およそ3兆8,000億円になった。

続きを読む

複雑な敗北から単純な勝利へ ~参議院選挙を終えて~

最初に三宅洋平の7月22日のツイートから。

三宅洋平

「今回の選挙期間中、チバレイさん火炎瓶テツさんなど、重要な人物とのフォローが500件単位で勝手に外れていた件。twitter社に事情説明を求めます。

また、サイバーエージェント社のアメブロでFBとの連携機能「いいね!」ボタンが連休含む4日間消えていた件も。

やり取りは公開していきます」
(引用終わり)

続きを読む

死を強制する自民党憲法草案

投票日が近づくにつれ、御用メディアの洗脳と誘導が激しくなっている。

「低投票率が心配」 、「戦後最低の投票率になる可能性」と御用メディアがいうとき、「みんなが投票しないのだから、あなたも投票所に行く必要はない」と国民の劣情を組織しているのである。

続きを読む

都議選から参院選へ

今やチェルノブイリの「放射線管理区域」相当の汚染をしている東京で、都議選が行われた。

その結果は、放射能汚染とはまったく関係のない結果を示した。つまり、原発をこの国に持ち込み、民族的な厄災をもたらした自民党が圧勝したのである。

続きを読む

原発事故が強いる過酷な希望

米国は、原発輸出というリスクの多い取り引きを、日本にやらせるつもりだ。

なぜ米国が前面に出てやらないかというと、リスクがあまりにも大きいからである。

それは原発事故が起きた場合の損害賠償だけではない。何千年、何万年にわたって、当事国のみならず近隣国の環境汚染を引き起こし、民族的な恨みを買うことになるからだ。

続きを読む