「2012年12月」の記事一覧(2 / 2ページ目)

メディアの罠から護憲の平和国家へ

選挙

誘導と洗脳とで国民を不幸にし続けるわが国の「記者クラブ」メディア。 選挙も終盤にかかり、「記者クラブ」メディアが最後の仕上げにかかっている。 それは次の3点である。 1 国民に自民党の圧勝を告げる。 これは消費税増税賛成・・・

状況の激変と日本異質論

選挙

一頃、日本人は奇異な民族である、特異な民族だという論調が、しきりに米国から聞こえてきたことがある。 当時はわが国の経済も右肩上がりで順調だった。それで、一種のねたみからきた論調だと思っていた。 しかし、昨今の日本の急速な・・・

危機を乗り越えるメディアリテラシー

選挙

1 野田と橋下の無責任 現在の選挙は違憲状態で行われている。すなわち、最高裁が、衆議院の議員定数は違憲、と判決を下した状態のまま行われている。 違憲状態は野田の千葉4区がそのひとつだ。

7 闘いの日々

大震災

(風化しつつある阪神・淡路大震災に抗して、『みず』と題して、個人的な体験を発信します) 『みず』   7 闘いの日々 わたしが神戸市の第3学区にある北須磨高校に移ったとき、為川は同じ第3学区の伊川谷高校に勤務し・・・

政党の公約と財源

選挙

日本未来の党の嘉田由紀子は、12月2日に、衆院選の公約「未来への約束」を発表した。これがなかなかよく出来ている。 まず、消費増税法を凍結する。 TPPは交渉入りに反対する。 原発は再稼働を認めない、とした。

内部崩壊する日本維新の会と日本右傾化の本質

選挙

1 内部崩壊が始まった日本維新の会   もはや橋下徹は、石原慎太郎を担ぐことで失敗した、と結論づけてもいい状況になってきた。 慎太郎の、歯に衣着せぬ物言いで、日本維新の会の第2自民党としての正体が露出してきたか・・・

ページの先頭へ