(風化しつつある阪神・淡路大震災に抗して、『みず』と題して、個人的な体験を発信します) 『みず』   5 落城の神戸 店頭の4リットルボトルにわたしは目をとめる。水を販売していたのだった。 買おうと思ってボトル・・・