「2012年11月」の記事一覧

6 為川秀一

大震災

(風化しつつある阪神・淡路大震災に抗して、『みず』と題して、個人的な体験を発信します) 『みず』   6 為川秀一 テレビは、夜になってもまるで死に酔いつぶれたように燃えさかるゲットーを映し続けていた。あるテレ・・・

脱原発は日本未来の党へ

政局 未分類

1 米国隷属(第1極)vs対米自立 わたしたちは、今、小沢一郎の、脱原発の死闘を見ている。この闘いに勝つべく、小沢が新たな手を打った。 滋賀県の嘉田由紀子知事が新党を結成した。 政党名は未来の党である。(正式名称は、日本・・・

5 落城の神戸

大震災

(風化しつつある阪神・淡路大震災に抗して、『みず』と題して、個人的な体験を発信します) 『みず』   5 落城の神戸 店頭の4リットルボトルにわたしは目をとめる。水を販売していたのだった。 買おうと思ってボトル・・・

放送法違反の「維新」偏重報道

選挙

1 放送法違反の「維新」偏重報道 石原慎太郎(太陽の党)と橋下徹(日本維新の会)との合流は、野合以外の何ものでもない。 慎太郎が橋下に秋波を送るつもりで、「中央集権の打破」などというのは、「維新八策」を読んでいない証拠で・・・

亡国の橋下政治

安倍晋三・橋下徹

1 橋下徹のじゃんけん政治 11月24日の『産経ニュース』は、「橋下氏のじゃんけん発言に激怒 渡辺氏「バカなこと許されない」」と題して次のように報じている。 「みんなの党の渡辺喜美代表は24日、都内での街頭演説で、日本維・・・

4 官僚の振る舞い

大震災

(風化しつつある阪神・淡路大震災に抗して、『みず』と題して、個人的な体験を発信します) 『みず』   4 官僚の振る舞い 9時過ぎに、誰も出ないかもしれなかったが、気になって近くの公衆電話から職場に電話をかけた・・・

橋下徹の政治と人間蔑視

選挙

1 『モーニングバード』の軽さ 千葉の、国民の生活が第一立候補者の記者会見を見た。 千葉県は、もともと自由党時代から小沢と縁の強かったところとわかった。単身三宅雪子が乗り込むのではなさそうだ。 多くの仲間がいて、「生活」・・・

3 予言は眠らない

大震災

(風化しつつある阪神・淡路大震災に抗して、『みず』と題して、個人的な体験を発信します) 『みず』   3 予言は眠らない 初めて教壇に立った東京では、実に真剣に防災訓練をやっていた。 とりわけ地震の避難訓練に熱・・・

偽物の右翼と闘う選挙

選挙

1 偽物の右翼 わが国のマスメディアの役割は、国民を洗脳して、既得権益支配層に従順な、改革を諦める民族を作ることだ。 米国と官僚に隷属した自民党の、1党独裁が長く続いたのも、犬HKを中心としたマスメディアが洗脳してきたか・・・

小沢の無罪確定と三宅の出陣

政局

1 小沢の無罪確定 小沢一郎の無罪が確定した。 わたしがツイッターで、そしてメルマガですでに断言したように、検察官役の指定弁護士(村本道夫、大室俊三、山本健一)は上告しなかった。 これは政治謀略裁判であり、小沢がすでに政・・・

ページの先頭へ